借金ブログ(不定期)

妻との会話は?全部話したのか??

スポンサーリンク


前記事で、宣言というか、予想というか、妻と会話をして全てを話すことになる可能性について、触れました。

結論として、この土日で会話しなかったです・・・。

だから、とりあえず保留。

とは言っても、これ以上は先延ばしにできないから、今度こそ明日(というか、今日)火曜日の夜に会話かな。

 

なぜ借金の事実について、妻と会話しなかったのか

これは、会話しようと会話の場に行ったけれど、なんと別件で揉めてしまっていて、そのせいで時間の関係上、会話することが出来なくなってしまったのです。

 
じゃあ、別件って何かと言えば、妻と娘が大喧嘩していたから・・・。

日曜日の夜に、会話する覚悟でちゃんと家に帰ったんですよね。

すると会話どころではなくて、なんとかその状況を鎮火することに注力。。。

で、夜中の2時前になってしまったことから、会話は翌日に持ち越すことになりました。

しかし、翌日の月曜日は、再度先延ばししてしてしまったので、火曜日の夜かな・・・。

 

そもそも、なぜ突然、会話する流れになったのか?

これまで誤魔化しながら、ダラダラとやり過ごして来てしまった訳ですが、なぜ急に妻と会話をすることになってしまったのか。

これは、先週末妻からの要望?だったんです・・・。

これ以上お金ないから、もう乗り切れないから、今後どうするのか、話をしようと。

まぁそりゃあそうですよね。

だから、日曜日のよるに会話することにしていたんです。

 

もう逃げられない。。。さてどうやって話をするのか

会話をこれ以上先延ばしには出来ません。

先延ばしにしても、お金ないのはないですからね。

会話するのは、明日(というか今日)火曜日の夜。

 
さてさて、どうやって会話することにするのか。

いろいろ考えました。

このブログで書いてしまうと、お叱りのコメントを頂くんでしょうけれど、辻褄合うように理由を作りました。

で、借金額はほぼそのまま伝えます。

もう細かい話はせずに、法的整理、自己破産をさせて欲しい旨をお願い、そのために自宅売却の話、離婚の話、こんな感じで伝える予定。

 

ストーリー通りに実行に移せるのか?

妻には、これらストーリーで、無理にでも了解をもらうしかないです。

さっさと弁護士さんに相談して入ってもらうことで、債務会社に連絡してもらい、支払いを取り敢えず止めて時間稼ぎが出来るはずですしね。

 
弁護士さんに、入ってもらうとしても、本当にストーリー通りに実行することが出来るのか、心配していることがあります。

それは、住宅ローンが残っているとはいえ、持ち家扱いなので、恐らくこのままでは自己破産出来ないはずだってこと。

裁判所からすれば、保有している自宅など財産で借金返済すれば?って話になるようなので。

 
それと妻と共有でローン組んでることもあるから、話がややこしくて、正直どうすれば良いのかよくわかっていません。

 
他にも問題は15年住んだ自宅が、いくらで売却出来るのかということ。

最悪なのは、妻のローン残債が消えずに、妻側に全額消せなかった一部残債が借金として残ること。

自分は一部残債が残ってしまったも、それを含めて全て自己破産しちゃえば良いですからね。。。

 
離婚するのも、正解なのかどうかもわかりません。

財産隠すために離婚したと裁判所が判断するという情報もどこかで見聞きしたので、手段と、実行タイミングも弁護士に相談するのが得策でしょう。

 

まとめ

事実を全て妻に暴露しないとならない会話、一旦保留となりました。

次の会話タイミングは、恐らく9/15夜中になるはず。

もう一気に会話して、細かい話に持ち込まずに、弁護士相談までやる、ってことにする予定です。

気が重くて重くて、どうして良いのか分からない日々が続きますが、全て自分の責任ですからね、仕方がない。。。

 

【その他】こちらの記事もいかがですか

よろしければ、関連する記事もどうぞ。

 
 

下剋上PC記事下レクタングル大

スポンサーリンク

スポンサーリンク

リンク関連下



-借金ブログ(不定期)

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2020 下克上する!